働き方改革は何をするかより、頭を柔軟にすることから始めよう

皆様おはようございます。

介護業界で働く理学療法士の阿部(@yousuke0228)です。

自分自身、残業を減らしたり、優先順位決めたり、将来の業界のことを夢想することが好きなのでいろいろと考えています。

スポンサーリンク


脳梗塞リハビリセンターの「リハトレ」はセラピストの働き方改革を起こす

先日のこの記事がよく読んで頂けたようです。

脳梗塞リハビリセンターの新サービス「リハトレ」が普及すると、理学療法士・作業療法士の働き方改革が起きる

今回は遠隔リハが今後の理学療法士・作業療法士の新しい働き方になる可能性を記事にしました。

新しいことや変化が起きると、変化に対して柔軟な方と、変化に対して拒否的な方に二分されます。

社会保障関係の話を聞いても、医療保険・介護保険の業界はどう考えても変化していくのが既定路線です。

しかし、今までとやり方(ルール)が変わることに拒否的になってしまう。

業界の狭い話になりますが、保険サービスだけだったものが、保険外サービスに広がることや、人がやっていたことを人工知能やロボットがやるなんて変化が起き始めています。(私も変化が怖い・・・・。)

いかに柔軟な姿勢でいられるか、一番難しく、一番重要。

ダーウィンの格言を働き方改革に生かす

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。

唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。(ダーウィン)

もう有名すぎて説明の余地がありません。

この言葉を参考にすると・・・働き方改革の施策より、頭の中を柔軟にしていくことが1番大事。

国も「時差Biz」「イクボス」とか、いろんな方法で、働き方を変えようと進めていますが、結局は自分がなぜそうしたいのかということを明確にしないと、流されて働き方を変化させても面白くありませんね。

まとめ:働き方改革は頭の中から

医療介護業界は確実に変化の時代に入っています。

2040年代のシンギュラリティの話もありますが、それまでにもいろんな変化がどんどん起こります。

今までと違うから・・・とか、あんまり突飛なことをやってもなー・・と心配することがあまり意味のない時代なのかなと思います。

やりたいことをやれる時代のようですよー。

ということで、いろいろな情報を集めつつ、勝手に変化できるようにしていきますー。

 

理学療法士の働き方関係

近未来の理学療法士の働き方4つの提言オススメ

人口動態から見る理学療法士の働き方〜3倍の結果が出せる人材へ?〜

今後のリハビリテーション専門職としての働き方の注意点

ケアローソンから考える理学療法士の働き方

何型人材になりますか?〜I型・T型・π型・H型人材とは〜

日本版ラヒホイタヤ〜今後の理学療法士の働き方〜

管理職(マネージャー)の役割とは?〜悩む管理職セラピストへ〜

男性中間管理職セラピストのお悩み相談術

社会人としての仕事術

【時間管理】介護業界で働く2児のパパが残業ゼロにするために行った5つのことオススメ

【生産性向上】介護業界で働く理学療法士が生産性をアップさせた3つの方法

人工知能と介護業界

超AI時代の生存戦略 /落合陽一氏 を読んで〜2040年代のシンギュラリティを見越して〜人気記事

株式会社シーディーアイが人工知能(AI)を使って介護業界(ケアプラン)に変化を起こす

人手不足の介護業界は介護ロボットとの共存が当たり前になる!?

ロボティクスリハビリテーションの可能性〜HONDA歩行アシスト導入研修に参加して〜

介護業界にも人工知能の波〜テクノ失業を避けるためには?〜

スポンサーリンク


 

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです