「軽度者切り」の流れ〜平成28年7月時点〜

皆さんおはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-08-07 17.54.55

軽度者切りは現実に・・

リンク: 東京新聞:介護保険の福祉用具レンタル 全額自己負担方針に悲鳴

これは記事を読んで頂ければお分かりになる通り

福祉用具についての軽度者のサービス打ち切りについてです。

以前から、「軽度者切り」は騒がれています。

関連記事:国のいう軽度者は要支援1から要介護2まで?〜読売新聞報道より〜

これは今年の1月下旬の読売新聞でした。

「軽度者切り」というネーミングはさておき、この流れには抗えないようです。

ということで先日のニュース。

リンク: 東京新聞:介護保険の福祉用具レンタル 全額自己負担方針に悲鳴

福祉用具のレンタルについて、要支援1・2と要介護1・2の方々は

自費負担にしようという流れ。遂に始まってきています。

ただ、市区町村ベースで総合事業ができてきた流れや

介護保険対象者が増加して、国のお財布具合を見ていますと

もう当然の動きです。

次は・・・・

・訪問介護の家事援助サービス

・通所系サービス

が対象となってきます。

私自身も通所介護施設で働いておりますので、

勿論対岸の火事ではないわけです。

こんな時にはマクロ視点も

・介護分野での職員不足状態の継続

・介護報酬のマイナス改定

このあたりは前提条件。

短期的視点も大切ですが

長期的視点にも立って進んでいかないといけませんね。

ただただ暗いことばかり考えていてもつまらないですし。

できることをやっていきましょう。

日々精進です。

リンク:社会保障審議会 介護保険部会「軽度者への支援のあり方」

(平成28年7月20日の会議資料です。)

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです