介護サービス業従業員満足度調査

介護サービス業従業員満足度調査

リクルートがこんな調査を発表していました。

リンク:介護サービス業従業員満足度調査

2025年には38万人不足するといわれる介護職員問題。

そんな事情もありますから、介護業界で働く従業員満足度を

上げていくということは業界の優先事項です。

これが進まないと、どんどん不足分が増加する危険性すらあります。

何はともあれ、介護業界にいる方は目を通しておくと良いでしょう。

連体感

介護職従事者の従業員満足度に最も影響があるのは、職場における「連帯感」だそう。

管理者の仕事として連帯感作りも意識するべきですね。

殺伐とした職場は誰もが望まない。

ただ現実はそうもいかず、色んな衝突があるのも組織の必然。

関連記事:理学療法士のマネジメント〜①コンフリクトマネジメントについて〜

組織である以上、衝突(コンフリクト)が生じるのは不可避とされます。

そんな関係もうまく使って「連帯感」を作っていくのが使命ですね。

利用者満足度が高いと従業員満足度が高い

というのも資料に書かれており、

当たり前のように思えますが、難しいこと。

従業員満足度を上げるために利用者満足度を上げる。

というのはおかしな話なのですが・・・。

やはりしっかりとした取り組みをされている職場では必然的に

この両者が高くなってくるのでしょう。

さあ、この両者が高い職場を目指します。

関連記事:理学療法士のマネジメント③中間管理職・マネージャーの役割とは

 

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです