地域密着型通所介護事業所における運営推進会議の進め方

私は、地域密着型通所介護施設の管理者を務めております。

ということで、デイサービス(通所介護施設)における運営推進会議についてまとめました。

スポンサーリンク


地域密着型通所介護の誕生

平成28年4月より、小規模型通所介護という括りがなくなり、多くの施設が、新たに「地域密着型通所介護」に移行しました。

今までの都道府県管轄であったものが、市区町村管轄に変更されました。

地域に根ざしてサービスを提供するという目的から「運営推進会議」なるものを開催する必要があります。

これはもともと地域密着型サービスに分類されるサービスでは行われていたことです。

運営推進会議とは

「運営推進会議」とは、「指定地域密着型サービスの事業の人員等に関する基準等を定める条例」及び「指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員等に関する基準等を定める条例」の規定に基づき、地域密着型サービス事業者が自ら設置するもので、利用者の家族や地域住民の代表者等に、提供しているサー ビス内容を明らかにすることでサービスの質を確保し、地域との連携を図ることを目的としています。

引用「横須賀市:地域密着型サービス運営推進会議開催の手引き」

リンク:横須賀市:地域密着型サービス運営推進会議開催の手引き

リンク:南河内広域事務室:地域密着型通所介護における「運営推進会議」について

頻度としては、6か月に1回程度が目安で年に2回以上行う。

などなど、基本のルールは一緒なのですが、実際の運用に関しては自治体ごとにルールが定められています。

いわゆるローカルルールというものが存在しますから、このようにネットに情報が書かれているから、私の事業者もOKだという訳ではありません。

若干の違いありますから、必ず市区町村や地域包括ケアセンターなどへの問い合わせが必要です。

現に、私が勤める通所介護施設の管轄では、地域包括ケアセンターの情報の方が、区の動きより進んでいたため、包括のケアマネさんによく教えてもらいました。

いろんなところで、よく参考例として示されるのが認知症グループホームの例。

リンク:認知症グループホームにおける運営推進会議ガイドブック

これもチェックして下さい。

運営推進会議の参加者

・地域包括ケアセンター職員

・民生委員

・近隣事業所のケアマネージャー

・近隣事業所の職員

・利用者・利用者家族

・事業所の管理者(当然・・・)

などなど、市区町村のガイドラインによっても少し異なりますので、要確認お願いします。

運営推進会議で何をする?

私と同じように、地域密着型通所介護で働かれている方にとって「運営推進会議」は新しい仕事。

(私の勤める事業所では、既に2度、運営推進会議を開催しました。)

仕事としては、やらなければいけない部類の会議。

これをどう捉えるかです。

私は、半年に1回というこの運営推進会議の特性を生かして、会議の1〜2ヶ月前に利用者満足度アンケート調査を実施しました。

運営推進会議の議題にしやすいというと語弊がありますが、この会議に照準を合わせると、半年に1回は利用者満足度アンケートを取れることになります。

定点観測の事業所評価としても、半分ルーチン的に行えるのでオススメです。

部下の教育にも使えるかも?

また外部の方々・地域の皆さんに発信できるチャンスです。

やらなくてはいけない仕事であり、ある程度のガイドラインは出ていますので、会議の運営を少し部下に振ってみるというのも良いかもしれません。

良い点が多くとも、課題が多くとも、目標に向かってこういう取り組みをしていきますということを伝えることができれば非常に有意義な会議になると思います。

様々な調整能力が必要ですから、成長してほしい部下の方にちょっとお願いするのも良いかもしれません。

ゼロからイチとは言いませんが、あまり新しいことに取り組まれたことがない方は、事業所でどういう話を発信していくかや運営方法、どの事業所のどなたを呼ぶのかということを行う中で、良い経験もできるのではと考えています。

ということで地域密着型通所介護の管理者の皆さん頑張りましょう!

どちらにせよ、やらなければならない「運営推進会議」。

であれば、なるべく外部の方々への発信と内部の教育に役立てていくことがベスト。

うまく生かすか、面倒くさがるかは運営されているあなた次第です!!

関連記事:厚生労働省が考える地域密着型通所介護(デイサービス)の位置づけ

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです