私は嫌われる勇気を発揮したけど、何も問題は起こらなかった話。

みなさまおはようございます。

介護業界で働く理学療法士の阿部(@yousuke0228)です。

生きていく上で、マネジメントしていく上で、人間関係の悩みはつきません。

私が働く介護業界では離職理由は1番は職場での人間関係みたいです・・・わかる気もします。

仕事でもマネージャー業務をやっていますので、人間関係という部分をどう捉えて対応していくかということはよく考えました。(そして現在進行形・・)

私はこんなことをしてきました。

スポンサーリンク


好かれる技術が大事だと思っていた

マネージャーやってるんだったら、慕われているマネージャーがいいだろうという認識がありました。

自分はゴリゴリタイプではないし、やるならそっち系かなと。

これがあったので、「好かれる技術」が大事だと思ってましたし、そうしてました・・・。

今思えば、空気を読んで、空気を作るために「好かれなきゃ」という強迫観念が強すぎましたね。

 

私が嫌われる勇気を持つことにしたわけ

仕事でもマネージャー業務しているので、自分以外の人にも動いてもらわないといけないことが沢山あります。

以前は仕事を円滑にまわすために、いろんな人から好かれていないといけないと思っていたのです。

そうしないと仕事が回らないんじゃないかと。

しかし、「人に好かれる技術」を意識しすぎると、迎合するだけ人間になってしまうと危機を感じました。

周りのスタッフの顔色を一番気にしている管理者・・という微妙なヤツになってしまったわけです。

(八方美人は痛い目にあうということ・・・学びましたよ。)

 

ということで、嫌われる勇気発動!

自分自身があるとき壊れそうになったので、空気を読みすぎたり、迎合しすぎるのは、やめてみようと思いました。

仕事はしましたが、やり方を変えました。

  1. 空気読みすぎない
  2. 任せることは任せる
  3. 周りの機嫌とるためにやってたことやらない(手段の目的化)

などなど。

やってみたら、実際は嫌われたら仕事が回らないんじゃないかという気持ちがあった反面、思ってたようなトラブルって起こらなかった。

ああ、考えすぎだったか〜、人の顔色窺い過ぎていたか〜と。

私一人がどう考え方を変えようと世の中は回りますよ。

 

まとめ

もともと空気読むのが得意な方もいれば、苦手な方もいます。

問題は立場上空気を読まなければならないと思っている人です。

私も、空気を読んで八方美人になろうとしましたがムリでした・・・。

自分が壊れちゃいますよ。

仕事も大事だし、家庭も大事。

ただ、自分の優先順位をしっかりと考えて、行動していくことが大事です。

自分がやりたい方向に向かうためには、みんなから好かれることなんてできません。

嫌われる勇気持ちましょう!!

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

阿部洋輔

介護業界の理学療法士マネジャー(保健医療学修士)。 弟の脳性麻痺という障害がきっかけでリハビリ業界へ。リハビリ特化型デイサービスの2施設のマネジメントをしており、施設運営や労務管理で七転八倒。「介護業界で働く理学療法士のブログ」を運営。みんなの介護「介護の教科書」で在宅介護についてのコラム執筆中。詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

介護業界の理学療法士マネジャー(保健医療学修士)。 弟の脳性麻痺という障害がきっかけでリハビリ業界へ。リハビリ特化型デイサービスの2施設のマネジメントをしており、施設運営や労務管理で七転八倒。「介護業界で働く理学療法士のブログ」を運営。みんなの介護「介護の教科書」で在宅介護についてのコラム執筆中。詳細なプロフィールはこちらです