2018年に向けた介護保険制度見直しの論点

皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

2017年がスタートしました。

2018年に医療介護同時改定がありますので、

それらの行方には常にアンテナ張っておかないといけません。

リンク:介護保険制度の見直しに関する意見

介護保険制度見直しのポイント

◯費用負担見直し

介護保険自己負担割合3割の導入

◯保険者機能の強化

保険者ニーズに合わない地域密着型デイサービスの指定拒否

◯給付見直し

福祉用具貸与価格に上限設定

◯介護人材の確保

介護ロボット・ICT活用

◯地域包括ケアシステムの推進

地域包括ケアセンターの機能強化

などが挙げられています。

自立支援にインセンティブ

昨年のビッグニュースは「自立支援介護」がクローズアップされたこと。

介護業界に回復や自立の概念が入ってきました。

そして、インセンティブ。この言葉がよく目に付きます。

人員配置に加算をつけるわけではなく、

利用者さんの状態(要介護度)の「結果」に加算がつく。

自立支援をするサービスに対して手厚くするシステムに変化していくということ。

今までの介護を「お世話」とするなら、これからは「回復・自立」にパラダイムシフトしないとなりません。

リハビリテーション分野では

リハビリテーション分野である「通所リハとリハビリデイ」の区別にも言及されています。

都市部ではこの国の方針に合致しにくいところもあります。

そもそも通所リハとリハデイの違いはサービス類型としては明確だが

実際のサービス内容は不明確です。

関連記事:通所リハビリから考えるデイサービスの今後

このような種々の課題はありますが、リハビリテーション専門職にとって

自立支援をしていこうという流れはとても良いことです。

医療介護のどの場面にいても、自立支援やリハビリテーションの専門家であることを

プラスに活用できますね。

関連記事:平成30年度介護報酬改定に向けて準備しておく3つのこと

 

 

 
The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです