理学療法士 阿部洋輔のブログ

保健医療学修士。介護保険領域のリハビリテーション専門職として役立つ情報を発信するサイトです。

理学療法士のマネジメント③中間管理職・マネージャーの役割とは

   


皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

一度体系的にマネジメントを学びたいと感じております。

〜理学療法士のマネジメントシリーズ〜

理学療法士のマネジメント〜①コンフリクトマネジメントについて〜

理学療法士のマネジメント〜②モチベーションについて〜

スクリーンショット 2016-03-21 6.12.04

 

 

役割による業務分担

・トップ:戦略策定

・マネージャー(中間管理職):戦略+実行

・現場:実行

こう書いてしまうと、簡単すぎるのかもしれません。

 

マネージャー(中間管理職)の役割

戦略を実行レベルに落とし込むこととされます。

 

となると・・・・

・現場のジレンマ解決

・トップと現場を繋ぐ

このあたりが通常の課題として出てきます。

トップと現場を繋ぐのですから、悪く言えば『板挟み』ってやつですね。

 

トップの思い描く戦略を、咀嚼してから現場の皆さんに伝える。

ですから、伝える力はもっともっと養わないとなりません。

組織の機能は、戦略を「考える」+「実行する」

起業されているセラピストの方々や、会社の社長として働く友人たちがいます。

そうはなれないと思うからこそ、本当に戦略策定的なことをされいるなと、感心しています。

、、、ふむふむ。

そして、私は現場のマネージャー(中間管理職)。

みんながみんな起業家として(役割の話ではなく)働こうとすると、

「あーやりたいことできないから転職しよう」とか

単純に「つまんないな~」とかあんまり健全的でない方向に行くことも

多いそうなので、押さえておきましょう。役割が少し違うんだと。

このへんが整理できていないと、やりたいことややらないといけないことなどなど

スムーズに進めていくことが難しいです。

リハビリ業界のマネージャー(中間管理職)

マネージャーとして働かれている方って今ではセラピスト界でも随分多いんだろうと思います。

リハビリ科の科長さんとか

主任さんとか

病棟のリーダーとか

リハビリ科において科長はトップかもしれませんが、病院においては、院長がトップですから。

セラピストの役職ついている方たちはマネージャーなんですね。

それこそきっと、上司と部下に挟まれて、なかなか大変な日常を過ごされてらっしゃるかと。

ザ・中間管理職。

セラピストの勉強だけでは、マネジメントなんて学ぶ機会ないですから、

そろそろそういう需要が業界に出てきたんではないかと思っています。

ということで・・・

凡人には

現場で学ぶこと

体系的に学ぶこと

の両輪で成長するしかないと思います。

見方を変えればいつでも勉強できるということ。現場でも学べるし、本や講義から学ぶこともできる。

まずはこの役割の違いを意識しておくと、少しは現場にスムーズに入れるかと。

〜理学療法士のマネジメントシリーズ〜

 

理学療法士のマネジメント〜①コンフリクトマネジメントについて〜

理学療法士のマネジメント〜②モチベーションについて〜

 

 

 

 


 - マネジメント, 理学療法士

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です