歩行リハを見える化〜理学療法士の眼をロボットに〜

皆様こんばんは。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-02-29 23.49.12

なんか近未来的ニュース!?

早稲田エルダリーヘルスとGEヘルスケア・ジャパンが

高齢者の歩行リハビリの成果を可視化する測定システム

“AYUMI EYE”のデイサービス現場での活用を発表とのこと。

 

AYUMI EYE知ってますか?

不勉強で、私は知りませんでした。

リンク:AYUMI EYEニュース

しかし本当に歩行の評価の目がコンピューターになるということは

まず精度などを置いておいたとしてもすごいこと。

まさに、理学療法ロボ。

ROMエクササイズや筋トレマシンでなく、

歩行のアセスメントですし。

 

これが究極的に進んでいくと・・・。

理学療法士が必要なくなるって話ですね。

まあ医療介護人材はロボットでは代替不可能だなんて

言われたりもしますが、あぐらかいてると大変なことに

なりますので、建設的に悲観的になろうと思います。

 

 

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

デイサービス管理者の理学療法士(保健医療学修士)/介護業界10年/管理者歴9年/介護業界で働く施設のマネジャーやリーダー、介護が必要な家族を持つ方に向けて情報を発信しています/みんなの介護「介護の教科書」執筆しています/2人の娘の父/詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

デイサービス管理者の理学療法士(保健医療学修士)/介護業界10年/管理者歴9年/介護業界で働く施設のマネジャーやリーダー、介護が必要な家族を持つ方に向けて情報を発信しています/みんなの介護「介護の教科書」執筆しています/2人の娘の父/詳細なプロフィールはこちらです