え?余る理学療法士〜セラピスト飽和時代に向けて〜

皆様こんばんは。
理学療法士の阿部洋輔です。

(2015年9月のブログを加筆・修正。更新日2015年11月29日)

①話題の日経新聞(2015年9月17日朝刊)

かなり話題になっておりますが、日経新聞一面の医出ずる国で、余る歯科医師とともに理学療法士が言及されています。
コラムとはいえ全国紙・日本経済新聞の一面です。

理学療法士

②理学療法士の働く場所・そして人数

・急性期
・回復期
・維持期

・病院
・地域
・自費

などなど、色々な分類方法があります。

私自身、介護保険分野(地域)のデイサービスで働いている印象からすれば理学療法士は足りません。

以前は回復期病棟がある病院にも勤めておりましたが、地域目線で見ると、回復期リハ病棟にはセラピストが余っているという印象です。

また診療報酬改定に向けて、回復期病棟でのリハビリが9単位から6単位になるのではないかという話すら進んでいるようです。

となると必要なセラピストの数は3分の2で事足りるということになります。

このまま何も規制がかからない前提であれば、20年後には35万人となる理学療法士・・・。

その1/3が必要ないとすると、大変なことです。

 

③今後に向けて

このような課題が提示されると、本来、理学療法士が担うべき範疇は?職域?はどこなのか、どういうアプローチができるのか?という根本的な部分を再考するきっかけになります。

となると、

触るアプローチ、触らないアプローチ。

一対一のアプローチ、一対多のアプローチ。

そのように分類する方法もあります。

 

新しい働き方が求められています。

一対一だけはもう古い。

触らなきゃいけないリハビリも古い。

いろんなやり方が必要。

・比較的余ってる地域で働く人

・足りない地域で働く人

こんな風に前提が違うと、そこで働く理学療法士の働き方は絶対変わると思います。

そもそも一対多で見ないと見切れない。

そんな良い意味での諦めも必要ですね。

今後は、『理学療法士さんって余ってる職業の方ですよね?』という認識のある世の中でどう働いていかなきゃならないのか。

今までとは違う一面も見せていけなきゃ、見捨てられてしまいますね。

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです