わかります?サルコペニア・ロコモ・フレイルの違い〜さあ、言葉の整理をしよう!〜

サルコペニア・ロコモ・フレイルの説明

サルコペニア:筋肉量や筋力が低下した状態で、ロコモより前の段階。

ロコモ:日常生活に必要な運動機能が低下し、介護が必要になるリスクが高まった状態。

フレイル:上記の2つに似た概念だが、筋肉以外のこころの問題も含めた心身の機能の低下。

ん??

分かりやすいようで、何も分からない・・・。

特に3つの違いが分かりません。

専門職ならまだしも、一般の方にこの違いを説明するのは難しいと思います。

スポンサーリンク


言う人が異なれば、名前も違う

ということで、少し調べました。

提唱する所も違えば、名前も違う。

では提唱しているところの名前を挙げますと・・・。

サルコペニア:European Working Group on Sarcopenia in Older People(EWGSOP)

リンク:サルコペニア:定義と診断に関する欧州関連学会のコンセンサスの監訳とQ&A

もともとはヨーロッパ用の診断であり、後々日本人対象のカットオフ値なども開発されているようです。

ロコモ:日本整形外科学会

リンク:日本整形外科学会:ロコモティブシンドローム

ロコモはかなり市民権を得てきましたね。

曽我先生のこの本も参考になります。

フレイル:日本老年医学会

リンク:フレイルに関する日本老年医学会からのステートメント 

提唱している学会を考えると、少しは整理できそうな気もします。

誤解を恐れず、「加齢による体力低下」と理解しておきましょう・・・。

情報を取捨選択する必要がある

随分前に「メタボ」が市民権をゲットしました。

運動系の啓蒙に役立つ新たなキーワードとしては現在は「ロコモ」が一歩リード。

(その後に、サルコペニア・フレイルが虎視眈々と狙っています・・・・)

色んな力も働いていますので、情報に振り回されすぎないような、取捨選択の力も大事ですね。

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです