理学療法士 阿部洋輔のブログ

保健医療学修士。介護保険領域のリハビリテーション専門職として役立つ情報を発信するサイトです。

未来のリハビリは集団リハ!?

      2015/12/29


皆様こんばんは。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2015-12-28 23.13.35

 

セラピストの新しい働き方を模索しています。

私は理学療法士になって10年ちょっと。

私の働く前には、個別リハビリ・集団リハビリという方法があったんですね。

時代が「個別リハ」に傾倒する今、今後役に立てるべき視点は「集団リハ」

大田仁史先生のこの本には、集団リハでのヒント満載です。

 

集団リハを行うセラピストは?

病院に限らずデイサービスで働いているセラピスト。

地域での指導場面があるセラピストの方にはとても良いかと。

この書籍には、13原則なるものがありますが・・・

・障害の同一性と個別性を知る

・同じ動作を行い、参加者それぞれの出来ることの違いを明確にする

・指導者は一回以上、参加者に声かけをする

・個人的質問は全員の問題でもあると、必ず一般化して答える

(書籍より)

などなどヒント満載。

今より3倍の効果(3倍の利用者さんを見る・1/3の時間で結果を出す)を出すことを求められるとすると、【集団リハ】を駆使できることはセラピストにとってすごい強みになります。

こんな記事も以前書きました。

人口動態から見る理学療法士の働き方〜3倍の結果が出せる人材へ?〜

というか集団リハのエッセンスが使えるようになりたい!!

専門学校で集団リハの仕方なんて習うものでもないので、これこそ「習うより慣れろ」ですね。

個別リハも大事だけれど、集団でもリハビリを行えるセラピストになりたいですね。

日々精進!!


 - 介護ニュース, 書籍, 理学療法士

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です