残業を減らしQOLを上げる時間管理の5つのポイントー妻子あり34歳男編ー

スポンサーリンク





介護業界で働いている阿部です。

Twitterに残業のことを書いたらみなさん興味ありそうだったので、備忘録としても残しておきます。

多分みなさんもお忙しいはずなので、できれば残業は減らしたいはず。

でもうまくいかない理由がそれぞれあるのではと思います。

私は妻・子供2人バージョン。

誰かの背中を押せたらと思い、書き残してみます。

 

妻との家庭の役割分担を相談

残業を減らすためにも、楽しい生活の時間を増やすためにも夫婦での協力がメチャクチャ大事。

当たり前すぎて忘れてしまいがち。

大変かもだけれど奥様としっかり話しましょう!!

特に共働きの家庭が多いと思いますので、

  • 家事の分担
  • 子供の習い事

の分担なども整理したいですね。

 

人生の優先順位を考える

  • 仕事の時間
  • 子供との時間
  • 読書の時間
  • 遊ぶ時間
  • インプットの時間
  • ブログを書く時間
  • 睡眠時間

やっぱりたくさんのやりたいことを考えると、残業で消耗している場合ではありません。

デイサービスに来られている人生の大先輩の利用者さん達がたくさん教えてくれました。

「子供が可愛い時期は人生において相当短い」

ようですよ…。

仕事が大事だという気持ちもわかりますが、私は家庭も優先したいのです。

 

長女と21時に一緒に寝る

私の役割は長女と一緒に寝ること。

ということで、夜の自由時間なんてなくしてやりました。

そもそも夜も弱いので願ったり叶ったりですが(笑)

結果的には睡眠のゴールデンタイム(22時〜2時の4時間)には確実に寝ることができますので体にとっても嬉しい。

そして子供とも戯れあえますので一石二鳥です(笑)

 

やりたいことは朝4時からやる

生きた時間は「朝」とはよく言いますね。

もう何かしたければ早起きするしかありません。

季節によって日の出の時間が変わり若干ばらつきが出ますが、私は夜より朝の方が断然頭が働きます。

そしてあまりにも早く寝るためここ数年目覚まし時計は使っていません。

朝の時間の有効活用は耳にタコができるくらい聞いていると思いますが、マジこれは体験してみてください!!

*やっぱり個人差があるようなので試す程度で(笑)

 

定時に帰ると決めた (残業している場合ではない!)

となると必然的に残業している場合ではなくなります。

逆説的ですが生産性を上げざるをえない状況です。

仕事もきっちりやりましょう。

逆に定時に帰れないのであれば、それはなぜなのかPDCAサイクルを回すことです。

 

まとめ:残業してる場合ではない!

私が残業しないようにするためにやった5つのことは

  1. 妻との家庭の役割分担を相談
  2. 人生の優先順位を考える
  3. 長女と21時に一緒に寝る
  4. やりたいことは朝4時からやる
  5. 定時に帰ると決めた

残業減らして悩んでいるお父さんPTは是非試してみてください!!

スポンサーリンク




The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです