ご存知でした?「1億総スポーツ社会構想」

皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-05-05 16.23.34

こんな記事がありました

リンク:政府・与党、「1億総スポーツ社会」構想 介護予防や医療費抑制

こんな話題があったとはリサーチ不足でしたね。

記事によると

すべての国民がスポーツに携わることで健康長寿社会の実現を目指す

「1億総スポーツ社会」構想を検討している。

高齢者が要介護状態に陥るのを防ぐ運動・レクリエーションメニューを盛り込んだ

「介護予防プログラム」の策定などが柱。

医療費抑制の狙いもあり、政府が5月にまとめる「1億総活躍プラン」や成長戦略

に入れることも検討している。

ということ。

 

チャンス到来!?

理学療法士をはじめとするリハビリテーション専門職は勿論。

パーソナルトレーナーの方々など、健康産業に携わっている方には

とんでもないチャンスが到来です。

フィットネス参加率は3パーセントから常に変化がないようですが

これが一つの起爆剤にもなるかもしれませんね。

トレンドとしては、2020年の東京オリンピックに向けてスポーツ産業は

どんどん盛り上がっていくでしょうし、その流れを利用しての今回の話だと思われます。

 

スポーツ庁と経産省の資料があります

リンク:スポーツ産業の活性化に向けて(スポーツ庁・経済産業省)

21ページの資料なのでさっと読めますが、内容は非常に濃い。

話は飛びますが、

・Jリーグとプレミアリーグの比較

・世界のクラブチームと日本のクラブチームの収入の差

などのデータもあり単純に楽しめます。

 

 スポーツに関わればQOLが上がる?

リハビリテーション専門職としても、一人の国民としても

「スポーツをすることやスポーツに関わることでQOLが上がる。」

ということは簡単にイメージがつきます。

(勿論、スポーツ好きな人が)

ただし、今後のやり方はITを駆使して今までと違った形に

なっていきそうなのも事実。

スポーツ×ITという資料だけ見ても面白そうですよ。

ただし、【スポーツ】の魅力というのもありますが

裏側には医療費を抑制するためにいかに【予防的】アプローチとしての

スポーツを有効に活用していきたいということと思われます。

それこそ平成28年1月に読売新聞でも報道されたように

「軽度者のサービス打ち切り」に対する対応とも考えられますね。

関連記事:国のいう軽度者は要支援1から要介護2まで?〜読売新聞報道より〜

まあ、あまり懐疑的にみてしまってもつまらないですから。

スポーツの力を十二分に活かして、リハビリテーションにも役立てていこう

という流れが作れるようにしていきたいですね。

リハビリテーション業界はスポーツ業界やフィットネス業界から

学ぶことがとても多いようです!!

関連記事:一億総活躍国民会議で考える自分の将来の働き方。

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです