ケアマネ業務が劇的に安くなる可能性を感じた件〜フィンクのダイエット指導を見て〜

皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-02-26 7.07.55

昨日の日経新聞。

フィンク、法人向けに健康支援サービス 月額500円

ダイエット指導などで有名なフィンク。

今度は月額500円で年間50万人へのサービスを

目指しているということ。

健康支援・・。

介護支援というとケアマネージャー。

介護計画の支援ということで言えば、

ケアマネさんの仕事。

月額1万数千円の価格になっています。

(そしてケアマネさんの料金は自己負担0割)

介護保険利用者が500万人くらいなので、

フィンクが目指す規模の10倍が既にあるということですね。

ただ、AIでうまくコントロールできるように

プログラムを組めるようになったとしたら

ケアマネさんの働き方も変わらざるをえないですね。

月額500円と。

月額10000円。

もちろんサービスの内容は違うけれど、

利用者さんの目標からプログラムを組んで

提供していくことを考えると。

本質は同じですよね。

人がやるか、ICTも利用してコンピューターと

人でやるかという違い。

理学療法士も

我々、理学療法士もROMマシンや

筋トレマシンだけの想定ではなく

アセスメントできちゃうAIにもできないような

仕事をしていかないとですね。

日々精進!

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

介護業界の理学療法士マネジャー(保健医療学修士)。 弟の脳性麻痺という障害がきっかけでリハビリ業界へ。リハビリ特化型デイサービスの2施設のマネジメントをしており、施設運営や労務管理で七転八倒。「介護業界で働く理学療法士のブログ」を運営。みんなの介護「介護の教科書」で在宅介護についてのコラム執筆中。詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

介護業界の理学療法士マネジャー(保健医療学修士)。 弟の脳性麻痺という障害がきっかけでリハビリ業界へ。リハビリ特化型デイサービスの2施設のマネジメントをしており、施設運営や労務管理で七転八倒。「介護業界で働く理学療法士のブログ」を運営。みんなの介護「介護の教科書」で在宅介護についてのコラム執筆中。詳細なプロフィールはこちらです