100年人生の生き方〜LIFE SHIFT/リンダグラットン氏を読んで〜

人生は平均100年オーバー時代へ

リンダグラットン氏のLIFE SHIFTを読みました。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

もう人生は100年時代に突入していて、人生設計は100年スパンにしていかないといけないと。

2014年生まれの子供たちは平均107歳まで生きるという衝撃の事実。

今までの「教育→現役→引退」の3ステージの人生設計モデルでは明らかに

引退時代が長くなりすぎて、経済的にも厳しい・・・。

じゃあどうする?

スポンサーリンク


そんな本です。

老後に漫然とした(?)漠然とした(?)不安がある方や

いつまで働くんだろう・・?と思う方には是非読んで頂きたい本。

人生に何度かのキャリアチェンジを

人生で何度かのキャリアチェンジ(というか専門分野が変わる)の時期が来るとする

ちきりんさんとの本の親和性が半端ないです。

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

LIFE SHIFTでも

キャリアの初期で身につけた専門技能を頼りに長い勤務人生を生き抜くとは考えにくい。

生涯を通じて新しいスキルと専門技能を獲得し続けることが一般的になる。

とされていて、どんどん興味のある分野に突っ込んでいくことはこれからの時代もっともっと重要になってきます。

その時は「汎用スキル」と「専門スキル」をしっかり分けて取捨選択する必要がありそうですが、

勉強好きの皆様には朗報ですね。

高齢者の方々と接する機会が多いリハビリテーション専門職

には比較的考えやすい、感じやすい問題だと思います。

100年の人生をどのように戦略立てて過ごしていくか。

仕事で成功、家庭も円満、とても楽しそうな方もいらっしゃるし

仕事で成功したのに、家族が離れ離れ・・・なんて方も勿論いらっしゃいます。

人生で優先順位って難しいのかもしれませんが、100歳の自分が後悔しないように

少なくとも今のうちから棚卸ししていく必要があります。

今、関わらせていただいている利用者さんたちの人生全てが参考になっています。

 

自分の100年人生も少し考えてみよう

最近は漫然と将来や老後への不安を煽る風潮が強くてストレスフルな時代です。

自分でどんな問題が起こるかということを想定して何とかなる方法を見つけておくことで

人が感じるストレスは随分減るようです。

人生100年時代には

・生涯を通じて学び続けること

・やりたいと思える職業を見つけること

(そしてそれを変えていくことも受け入れる)

・今までの時代とは違うと理解すること

このあたりを意識して生きていくことが大事ですね。

もっともっと好きなことをしていい時代になりそうです。

スポンサーリンク


 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです