東京都、外国人家事代行解禁。

皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

遂にと言いますか。

スクリーンショット 2016-08-28 8.25.49

本日、平成28年8月28日日本経済新聞1面。

東京都でも外国人の家事代行サービスが解禁されるようです。

リンク:海外人材 首都圏に招く 東京都、外国人家事代行を解禁

神奈川県、大阪府に次いで日本で3例目の取り組み。

よくある国家戦略特区ってヤツです。

外国人が手掛ける家事代行サービスは

炊事、洗濯、掃除、買い物、子どもの世話。

ただ、介護人材が足りない部分のフォローだけというわけではなく

大きくは

・外国人の高度人材の取り込み

・不足する介護人材の担い手

というところが大きな要因だと思われます。

とはいえ、外国人の方来ていいですよ!と

日本が言ったところで外国の方たちから見てもらえるかは

わかりません。

ただ、そういった新たな土壌作りの準備をしているという

段階でしょう。

世の中はどんどん変わっていきます。

介護業界でも、外国人の方々と一緒に働くのが

当たり前になる時代は近そうですね。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

介護業界の理学療法士マネジャー(保健医療学修士)。 弟の脳性麻痺という障害がきっかけでリハビリ業界へ。リハビリ特化型デイサービスの2施設のマネジメントをしており、施設運営や労務管理で七転八倒。「介護業界で働く理学療法士のブログ」を運営。みんなの介護「介護の教科書」で在宅介護についてのコラム執筆中。詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

介護業界の理学療法士マネジャー(保健医療学修士)。 弟の脳性麻痺という障害がきっかけでリハビリ業界へ。リハビリ特化型デイサービスの2施設のマネジメントをしており、施設運営や労務管理で七転八倒。「介護業界で働く理学療法士のブログ」を運営。みんなの介護「介護の教科書」で在宅介護についてのコラム執筆中。詳細なプロフィールはこちらです