コンビニとデイサービスの共通点と相違点

皆様こんばんは。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-02-02 22.29.09

今回は「コンビニとデイはよく似ている?」という話

学生さんに説明するときや、デイサービスに詳しくない方に説明するときによく使うフレーズ。

デイサービスって全国に何店舗あると思いますか??

皆さんご存知のように40,000店舗を突破しています。

よく比較として、全国のセブン・ローソン・ファミマを足した数と同じくらいですと。

というと結局ポカンとされたこと多々(笑)

 

コンビニ業界の凄さ

2015年11月時点で・・・

セブンーイレブン 18、200店

ローソン 12、200店

ファミリーマート 11、500店

サークルKサンクス 6、300店

ミニストップ 2、200店

コンビニ14チェーン合計 56、200店だそうです。

(もうセブンイレブンだけで2万店舗に迫る勢いだとのこと。)

コンビニとデイの共通点・相違点

全体の数は両者ともに4〜5万店舗。

同じような数ですが、1つの企業毎の店舗数は圧倒的にコンビニが多いです。

なんせセブンイレブンだけで20、000店舗に近づいているわけですから。

通所介護事業所は小規模がとても多く、フランチャイズ最大手の茶話本舗でも800店舗足らず。

コンビニと比べてしまえば、これくらいの差があります。

結局のところ。

・デイサービスのコンビニ化。

・コンビニのデイサービス化。

これが加速して一つの大きな会社のサービスに統合されてしまうんではとも思えます。

デイサービスを地域の介護情報提供の場にするという意見もありますが、コンビニを介護情報提供の場にすることのメリットも多くあると思います。

フォーマルサービスとインフォーマルサービスもごちゃまぜが理想ですね。

高齢者見守り協定なんかも最たる例。

今後の働き方?

「ケアマネージャーが居宅介護事業所に就職することとコンビニに就職することは変わらない。」

こんな価値観が普通になるかもしれないですね。

勤め先という枝葉を見ると違うのですが・・・

根本的に見れば高齢者支援に携わるという視点で特に変わりはありませんね。

 

時代は変化するということです!

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです