一発逆転?グレーゾーン解消制度〜結局は俯瞰した視点を持ちたいという話〜

皆様こんばんは。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-01-27 21.06.00

今日の日経新聞興味深いです

日本経済新聞の記事リンク:医療関連に新サービス 凸版はギフトカード、曖昧規制解消で

いわゆる「グレーゾーン解消制度」のお話。

グレーゾーン解消制度って何?

事業者が現行の規制の適用範囲が不明確な場合においても、安心して新事業活動が行い得るよう、具体的な事業計画に即して、あらかじめ規制の適応の有無を確認できる制度。(経済産業省HPより)

だそうです。

ヘルスケアビジネスにおいては、「コナミ」の事例が有名

リンク:リハビリテーション専門職の職域と産業競争力強化法〜コナミに学ぼう!〜

そしてリハビリテーション専門職としても関係大ありの分野。

そもそも我々1人の理学療法士目線で見ると、大きすぎる法律の壁。

この「グレーゾーン解消制度」で理学療法士関係のグレーゾーンが一発逆転なんてことはないのでしょうか?

(全然わかりませんが・・・)

一発逆転なんて言いすぎですが、それだけ自分たちのリハビリテーションのフィールドなんてどうにでもなってしまうのかなー。

とも思います。

今後の国の方針!?

医療費の増大を緩やかにする1つの施策ですし、

地域包括ケアシステム時代における

・自助

・互助

・共助

・公助

まさに自助的な部分を育てようということ。

今でもフィットネスクラブやカーブスやいろんな企業があります。

結局は

○GDPを底上げしたい

○ヘルスケアビジネスを育てて少しでも医療費を削減したい

という国の思惑でしょう。

政府の試算でも公的保険なしの健康関連市場はすでに4兆円。

これをさらにさらに伸ばしていく予定のはず。

2040年〜先の、自分の老後(?)への道標

自助:お金をためましょう

互助:つながりを作りましょう

共助:若干諦めましょう・・・

公助:どうでしょう?

本当に俯瞰した視点を持たないと食いっぱぐれてしまいますし、自分の将来も危うくなってしまいます・・・。

日々精進しかない・・。

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです