サイバーダインHALの保険適応は3400人。〜中医協の発表より〜

皆様おはようございます。

介護業界で働く理学療法士の阿部(@yousuke0228)です。

シンギュラリティの話がされるようになって久しいですが。

医療介護業界にもロボットの流れ来ています。

スポンサーリンク


医療機器の保険適応について

この話はどんどん進んできています。

朝日新聞の記事。

医療用ロボットスーツ、保険適用を了承 中医協

厚労省のリンク:医療機器の保険適応について

という資料も皆さんがお読みの診療報酬改定の資料の中に紛れ込んでいます。

サイバーダイン社のHAL医療用 下肢タイプが医療保険適用になったのです。

スクリーンショット 2016-01-28 22.11.59(厚労省 中医協の医療機器の保険適応の資料より引用)

サイバーダインHALが保険適応となる疾患

・脊髄性筋萎縮症

・球脊髄性筋萎縮症

・筋萎縮性側索硬化症

・シャルコー・マリー・トゥース病

・遠位型ミオパチー

・封入体筋炎

・先天性ミオパチー

・筋ジストロフィー

の方々を対象として、歩行機能を改善することを目的として使用するそうです。

サイバーダインHALが保険適応になると想定されるのは3400人

推定適応患者数は3400人。(少し、少なく感じる・・・)

前述した難病患者さんが中心となるためです。

しかし、実際の脳梗塞患者さんの数は150万人とも言われます。

多くの人の保険適応となることには至らなかったわけですが、純粋にこのHALで保険請求できるということは、ロボット業界にも1つのインパクトにはなりますね。

HAL療法の料金とは・・?

Google先生の力を借りて今までのHAL療法(?)の料金を調べてみました。

・医療法人で追加料金は取らずに疾患別リハビリテーション料で賄うところ

・医療法人だけど自費として別にやるところ

・自費で回数券買ってもらうところ

多種多様な展開方法があるんですね。

今度はHALをつけることで保険請求ができるのだからそれは革命的!

ロボットを用いてのリハビリテーションが一般的になる?

そういえば、エルゴメーターだってトレッドミルだって機械といえば機械。

今後はロボットスーツをつけてのリハビリ業務。

ロボットスーツをつけての介護業務。

いろんな可能性がある分野ですね。

数年後にはHALを装着しての歩行トレーニングが一般的になっているかもしれません。

まとめ

今回、サイバーダインHALを使用する際に保険適応となるという事実、これはインパクトのある話です。

ドイツなどでの保険適応と異なり、効果は限定的だと思われますがロボット業界の良い影響というのは出るはず。

保険適応がどのくらい広まるかというのは懐疑的ですが、ロボットが医療介護業界にどんどん入り込んでくるというのは時間の問題です。

2040年代に起こるとされるシンギュラリティ。(人工知能が人間を超える時)

今日の話はとてもちっぽけに感じることになるかもしれません。

医療介護業界にもロボットによる改革が進んできています。

まずは時代に取り残されないようにしていくことからですね。

関連記事:【書評】超AI時代の生存戦略 /落合陽一氏 を読んで〜2040年代のシンギュラリティを見越して〜

スポンサーリンク


 

 

 

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 3Kといわれる介護業界で楽しく働くヒントを発信すべく【介護業界で働く理学療法士のブログ】運営。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 3Kといわれる介護業界で楽しく働くヒントを発信すべく【介護業界で働く理学療法士のブログ】運営。