やっぱりショッピングセンターはリハビリテーションだという話。

皆様こんばんは。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-01-25 21.08.58

やっぱりショッピングセンターは凄い

以前のブログでもイオンのスゴさというかまさにリハビリテーションの考え方だぜなんて記事を書きました。

関連記事:イオンをを歩いてポイントゲット。

それに自分が影響されてしまったのか・・・

先日、家族でもうただただ大きい越谷のレイクタウンにいったわけです。

子供視点

edf

散歩できる。

買い物できる。

はじめてのおつかいができる。

空いてれば歩行練習だってお手のもの。

エスカレーター応用歩行だっていけます。

お茶、ジュースだって飲めるし。

そりゃー、エンターテイメントだなと(笑)

大袈裟かもしれませんが。

介護施設のみでこのエンターテイメント性はつくれない。

当たり前ですけど、これを切り貼りして、一つ一つを際立たせたのが○○特化型デイサービス。

ただ特化は特化。

全体ではないということは肝に命じないといけません。

ショッピングセンターは、子供の視点から見たから、楽しいって訳じゃないと思います。

大人だってみんな楽しんでると思いますし(笑)

イオンのデイサービスの価値?

大きいところをただ真似するのはナンセンスかもしれませんが。

イオンの中にあるデイサービス。

イオンスマイルはそれだけでも価値があるんです。きっと。

家族にとってもプラスかもしれない。

これから介護業界は超大手とその他零細企業に分割されるとされています。

大きいところにできること。

小さいところにできること。

それぞれ道があるのでしょうか?

片方しか生き残れないのでしょうか、、。

俯瞰して捉えられるようにしていかないとなりませんね!

 
The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです