シルバーウッド下河原社長が出演したカンブリア宮殿は介護業界のリーダーが見るべき!

スポンサーリンク




阿部(@yousuke0228)です。

先日、カンブリア宮殿でシルバーウッドの下河原社長の特集がありました。

いろんなテレビ番組などで介護事業に関わる方が特集されると、何か真似したくなりますよね。

でもそれは本当に意図を汲み取れているでしょうか?

 

問題は、介護事業所が見える形に憧れやすく真似したくなりがちなこと

今回のような銀木犀の取り組みを見ると、何か形のあるサービスが一番真似したくなります。

そんな事業所は多かったと思います。

しかも看取りとかの手間のかかりそうなことは見えないふりして

  • やれなんとか食堂
  • やれ子供と高齢者が一緒にいれる共生施設だ
  • 利用者さんが店主の駄菓子屋スペース

なんかをやりたがります。

 

原因は形の見えない意味を無視して、形の見える部分を大事だと思っているから

自分自身も綺麗な施設や新しい方法論とかそういったものに食いつきたくなります(汗)

高齢者住宅の見える部分であれば

  • 居室のグレード
  • 家具の高級感
  • 最新の家電?

このあたりを見るのでしょうか?

しかし考えてみましょう。

 

これらは本当にそれである必要あるのか?

本当に見えるものだけで決めてますか?

 

そんなことないですよね。

  • 雰囲気
  • 場の空気
  • 他の利用者さんとの相性
  • スタッフの気遣い

こんな見えないけど大切なことも沢山あります。

 

意味があってサービスが提供されていることを知ろう!

じゃあシルバーウッドの件はどうなのでしょうか?

形をまねることでシルバーウッドになれるわけありませんよね。

そこには会社としての哲学があるはず。

要するに、そのサービス(形)を通じて何を成し遂げたいのか?ということをイメージしないといけない。

 

意味のある新しい形のサービスなんて最高ですよ。

だから、どういう意図でそれを作り出したかということを意識しないといけません。

 

下河原さんがおっしゃっていた言葉に

「管理は依存をつくる」

「本当に必要なサポートだけ本人が望む場合に行う」

というものがありましたが、それを体現すると銀木犀になるということです。

  1. 第一に意味(人としての生き方や考え方)
  2. その次に形(施設のスペック)

ということを意識しておかないと。

大事なことを見逃してしまうかもしれない。

 

形だけ真似しようというのはとても愚かなことだ

形だけを真似してもそこに「意味」がなければ、そのサービスはすぐに尻すぼみになってしまいます。

「意味」を考えないと、施設スタッフが見守ることも放置することと変わらなくなるし、安心して住める高齢者住宅もただの綺麗な住宅になってしまう。

是非ここで一度立ち止まって、意図や意味を意識して働いていきましょう!

 

介護の本質は形じゃなくて意図や意味だとを考えさせられるとても良い放送でした。

ということで介護業界で働いているリーダー職の方々は、このカンブリア宮殿をTVerでいまのうちに見ましょう!

スポンサーリンク




The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです