「サイバスロン(Cybathlon)」=ロボット×スポーツ??

皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

最近の記事が、スポーツ&ロボットでしたので。

関連記事:ロボットの脅威〜理学療法士の仕事は置き換わっていくのか?〜

関連記事:ご存知でした?「1億総スポーツ社会構想」

 

「サイバスロン」について

スポーツ産業の活性化に向けて(スポーツ庁・経済産業省)

この資料のP12にこの表が掲載されています。

スクリーンショット 2016-05-08 7.31.57

 

この左下の部分。

「映像ものづくり技術による拡張×DOスポーツ」

ここにサイバスロンが位置します。

 

ロボット×スポーツ=サイバスロン?

サイバスロンとは・・・

障害のある方が、最新鋭のロボットなどを使用して競技。

パラリンピックより、より機械的な要素が多いといったイメージでしょうか。

要するに、「サイバー義体オリンピック」

YouTubeでCYBATHLON2016の宣伝動画見てみて下さい。

リンクはこちら

・オリンピック(8月)

・パラリンピック(9月)

・サイバスロン(10月)

という流れにしていきたいそうで2016年10月にスイスで開催されるそうです。

 

サイバー義足・義手や電動車いすなどなどのツールを使っての競技についてどう思われますか?

きっと賛否両論あるかと思いますが、こういう世界があることを色んな方々に

知ってもらうことに関して賛成なのでこの取り組みは素晴らしい。

全うなやり方(理学療法)でこういう世界をサポートすることも大切ですし

このように一見リハビリテーションとは関係のないような世界からの影響で

世の中が変わることもありそうです。

そしてロボットや最新の技術というのは誰にとっても関係ないといえない

存在になっています。

全ての概念をリハビリテーションの概念にごちゃ混ぜにできるくらいの

考え方も必要ですね。

ロボットの脅威 ―人の仕事がなくなる日

この書籍オススメです。

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです