介護保険でカジノしますか?色んな調査があるようです。

皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-01-23 7.48.54

カジノ型デイサービスの是非

こんな調査があったようです。

「カジノ型」デイサービスどう思うケアマネの意見も賛否二分 民間調査

また、高齢者住宅新聞でも報道がありました。

以前から、神戸市ではカジノデイの出店を規制したりといろんな流れがあります。

カジノデイをめぐる動きは色々とありますね。

カジノ型デイサービス施設を規制へ 神戸市

ここでは介護保険の趣旨から逸脱するとして規制する方向になっています。

では、介護保険の基本的な趣旨を考える・・

カジノデイを一括りにしていることで起きている問題もあると思います。

(ただカジノだけをやるデイサービスもあるようですから・・・・)

やはり何と言っても介護保険は「自立支援」、そして「共助」。

デイサービスとはいえ「カジノ」を介護保険で利用している高齢者の方々のことを介護保険料を納めているのに介護サービスを使っていない多くの方々はどう思うのか。

自立支援といってしまえば、どんなことも自立支援になるだろうし。

リハビリといってしまえば、どんなことをしてもリハビリ。

だからこそ内容のチェックは必要になるんだろうと。

これだけ賛否が起こるということですから、カジノデイにもガイドラインができる時代が来るでしょうか。

関連記事:たまには介護保険の成り立ちを考えてみよう

今後の流れにも注意していきます。

 

 

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです