カジノ型デイサービスには反対ーフジテレビ・ワイドナショーを見てー

スポンサーリンク





カジノ型デイサービスって知っていますか?

デイサービス業界では結構有名なところなんです。

今日はなんとフジテレビのワイドナショーでラスベガスというデイサービスが5分くらい特集されていました。

私はこのサービスが介護保険を使って運営されていることに反対です。

みなさんはどう思われますか?

 

カジノ型デイサービスには反対です

今日のワイドナショーでカジノ型デイサービス・ラスベガスの特集がありました。

業界では随分有名なデイサービスです。

サービス内容は…

  • 送迎
  • 体操
  • カジノ
  • パチンコ
  • 食事
  • 入浴

というスタイルです。

今日のワイドナショーではこんな感じ。

出演者のみなさんは

  • 高齢者の方が笑顔でいることはいいことだ
  • 男性も参加できて良い

というようなプラス面の話がほとんどでした。

でも私はやっぱり反対なんです…。

 

1人の高齢者がカジノをすることに1日6000円以上の税金が使われている

デイサービスに1日通うのに、だいたいいくらかかると思いますか?

要介護1でも7000円程度かかります。

ですから自己負担が1割だと利用者負担は700円程度。(これは安いですよね。)

でも、ということは7000円ー700円=6300円は税金です…。

これは全部のデイサービスに言えるのですが、結構税金って使われています。(利用者負担は1〜2割)

 

ですからコストパフォーマンスまで知った上で、良し悪しを判断するべきです。

 

また利用者さんがカジノを楽しめるということは、介護保険の認定は受けているものの比較的軽度な方が多くなるでしょう。

介護保険自体が財政の問題で持続性に疑問符が出る昨今。

今後の介護保険改定の流れではデイサービスの役割として

  • 中重度者の方の対応
  • リハビリの推進

が求められています。

そんな流れの中で軽度な方のカジノやパチンコに介護保険を使うのは疑問です。

 

これだったら「デイサービス×キャバクラ」だってありじゃないかという話すら出てしまいそうです…。

射幸心を煽ることに介護保険は使えないということで、兵庫県神戸市ではカジノ型デイサービスに規制がかかっています。

 

カジノ型デイサービスは自費で送迎付きゲームセンターをやればいい

ということでデイサービスという形態はなしにして、自費サービス(介護保険は使わない)でいいんです。

そうすれば財政的な問題の疑問もなくみんな幸せだと思います。

既存のゲームセンターを活かせばいいんです。

要するに軽度者の方を対象として

  • 送迎して
  • ゲームセンター(カジノ)に行って
  • 食事して
  • 集団リハビリする

という流れを自助(自費サービス)で行えばいい。

実際にゲームセンターの運営会社が高齢者の方の送迎をつけたら、既存の施設をうまく活用できるはず。

今は実際にカーブスや家事代行などの自助サービスはどんどん当たり前になってきていますから、デイサービスだって他人事ではありません。

私は介護保険で賄われるサービスを提供している者としてもっと専門性を出せるように精進しなければと思います。

 

みなさんはどう思われますか?

 

スポンサーリンク




The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです