セラピストが小児科のオンライン問診に学べること

皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-03-21 7.17.48

平成28年3月19日のアド街ック天国は「西葛西」特集。

ん〜江戸川区民だけど、あまりゆかりがない西葛西・・・・。

と思っていたのですが、

CAPS CLINIC

なんと、アドマチック天国で6位だったらしいです、この小児科クリニック。

まさか翌日に使うとは、、、、いろんな意味で切ない。

事前オンラインの予約や問診がある

というのが時代だなと。

やっぱりセラピスト業界や介護業界と重ねて見てしまうのですが。

セラピスト×オンライン問診。

できないことはなさそうですね。

・診察までの待ち時間短縮

・診察時間短縮

・問診の精度アップ

このへんがメリットでしょうか。

 

視診触診が重要なのは、勿論なのでおいておいて。

これという決まった質問を聞いておければ、遠隔セラピストみたいなことが可能ですね。

単純に効率化できますよね。診察時間から問診の時間をすこし省けます。

対面の時間が減ってコミュニケーションとれないじゃないかという声もありますが、

なかなか対面で数十分話せる専門職はいません・・セラピストくらいじゃないですかね?

ということは今のコミュニケーション技術でいいわけでもないと。

目指しましょう、マジシャン並みのコミュニケーション能力を。

理学療法士の働き方シリーズ〜ブログ記事まとめ〜

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです