【Twitter初心者向け】理学療法士ブロガーがTwitterのフォロワーを1ヶ月で76人増やした方法

みなさんおはようございます。

スポンサーリンク




介護業界で働く理学療法士の阿部(@yousuke0228)です。

ブログやSNSやっている療法士さん多くいると思います。

私のようにあんまりうまくいかないなぁと思っている方がいたらぜひ共有したい記事です。

初心者療法士ブロガーに伝えたいワケ

療法士の方々にも情報発信をされている方が非常に多いです。

これが専門職の良いところです。知識に対する欲も絶対皆さん沢山持ってますし。

Twitterで理学療法士って検索かけただけ、いろんな療法士さんが現れます。

自分も含めて有効活用できているかということを問われると・・・・(汗)

う〜〜ん、、と感じてしまう方も多いはず。

それもそのはず、療法士(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)という方たちを合わせるとおおよそ20万人います。

中には、月間数十万PVを叩き出して発信力を持つ方々がいますが、ごくごく少数・・。

できたらそんな方々のようになりたい!!という方へ贈ります(笑)

ぜひ一緒に成長しましょう。仲間がいたほうがやる気出ますって!

阿部洋輔(理学療法士ブロガー)Twitterのこの28日間の変化

  1. プロフィールへのアクセス70.8%アップ
  2. フォロワー数76人増加(586人→662人)

なんかTwitter楽しくなってきた・・・。

単純ですよ!

やったこと3つ

①やぎぺーサロンに入った

発信力をつけて自由に生きる「やぎぺーサロン」に入ったということで、最近はTwitter強化月間と勝手に銘打ちいろいろと実験していました。

やっぱり結果を出す人は鬼のようにPDCAを回しています・・グルグルグルグル。

やぎぺーサロンへの加入が7月23日。まだ20日足らず。

まだ短期間ではありますが、しっかりとした手順を踏めばうまくいく雰囲気が掴めました。

インサロに感謝!

②プロフィールの修正

Twitterのプロフィールは140文字。

興味が湧くような魅力的なプロフィールだったら、フォローしてくれるかもしれないですけど。

プロフィールも薄いことしか書いてなかったり、ほぼ内容なしだと勿体ない!

まずはインサロのぐっちーのプロフィールの書き方記事オススメです

ということでプロフィール変更をしました。

修正前

【介護業界で働く理学療法士のブログ】書いてます。デイサービスの管理責任者7年目。弟が脳性麻痺という障害を持っていたことから、リハビリ業界へ。 専門職だからこそ、色んな場面で活躍できると考えて、情報発信してます。 興味:新しい働き方・生き方/介護業界/読書/GLAY

修正後
理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験中。 3Kといわれる介護業界で楽しく働くヒントを発信すべく【介護業界で働く理学療法士のブログ】運営。

これは自分の成長とともに随時変更していきます。

③ブログ紹介の呟きの内容を修正

Twitterカードは導入しているので、クリック自体は少ししやすいのかもしれませんが。

それは枝葉の話でありあくまで内容が大切。

さっきの呟き(ブログ更新のお知らせ)よりも・・・・

こういうぱっと見でわかる画像や資料をつけたほうがレスポンスが多くなりました。

以前はなんか呟いても無反応なことが非常に多くて、それが私のTwitter離れを加速させていました・・・。

そこから見たら大きな1歩。

まとめ

この28日間のTwitterの変化、数字とやったことをお伝えしました。

ちょっとしたことのようですが意識して修正していくと、良い方向に進みました。

療法士の皆さんも情報発信しているのに、どうも有効活用しきれていないと感じるかはぜひお試しください!!

スポンサーリンク




The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです