ヘルプ!ヘルプマークがわからない!

皆様こんばんは。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-04-11 21.01.58

こんなニュースがありました。

朝日新聞:障害や難病…配慮のマーク乱立 自治体バラバラにPR

この記事を見ると、色々とマークがあることに驚かされます。

そのようなマークがあるのは、なんとなく知っていたけれど、

そんなに乱立しているとは・・・。

・厚労省が作成したり

・県が作ったり

・NPOが作ったり

色んなところが色んなマークを作る。

そんな流れがあるようです。

これと似ている気がする・・・

関連記事:わかります?サルコペニア・ロコモ・フレイルの違い〜さあ、言葉の整理をしよう!〜

これは以前に記事に書いた「サルコペニア」と「フレイル」の違い。

みたいなものなのでしょうか?

そもそも同じようなものを色んなところ(学会や市町村)が

手を変え品を変えている印象が拭えない。

 

そもそもヘルプマークって?

リンク:ヘルプマークの解説(東京都福祉保健局)

スクリーンショット 2016-04-11 21.07.39

(東京都福祉保健局資料より)

一応、これからはこの「ヘルプマーク」を

京都・青森・和歌山・徳島も使用していくとのこと。

マークありすぎて、結局何のマークだかわからない・・・。

ということにならないと良いのですが。

本来の目的はきっと

「困った人を助けられる社会を作ること」

手段(マーク)が多すぎて、目的がわからなくなったら

本末転倒ですよね・・・・。

手段の目的化の怖さを感じさせれました。

 

 

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです