介護保険料は右肩上がり〜この制度を持続可能にするために?〜

皆様こんばんは。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-02-24 21.15.44

こんなニュースがありました。

朝日新聞のリンク:現役世代の介護保険料、過去最高に 厚労省が推計

介護保険の金額はどんどん上がっている。

過去最高なんてなってますが、

介護保険が開始した2000年からずーっと右肩上がりですという話。

今後も過去最高を更新し続けるでしょう。

 

ただ実は自治体によって差はあるんです

スクリーンショット 2016-02-24 21.09.53

これだけ差があります。

一番高いと・・・奈良県天川村 8686円

一番安いと・・・鹿児島県三島村 2800円

(ちなみに東京都の平均は5538円)

この先の介護保険

被保険者にとってみると

取られるお金は増える。

使う時も2割・3割負担が当たり前になると予測されます。

自分が介護保険を使う頃には全額自費でしょうかね、、、。

ただ、共助、公助の部分はとても大切ですから、

割合が変わっても継続していくでしょう。

ただちょっと形、方式が変わるだけ。

最近介護保険サービスの先駆者であるドイツでも

介護状態の区分がかわるというニュースがありました。

リンク:ドイツで新たな要介護認定基準、日常動作や認知能力など応じて要介護度は5区分に設定

持続可能な介護保険を完成?させるためには、財源ありき。

入り口(収入)増やして、出口(支出)を締める。

これは鉄則。

色んな視点で介護保険を見ていきましょう!

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです