これからの日本のために財政を考える〜財務省データ〜

皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-06-26 9.57.53

財務省発行のこういった資料があります。

財務省:これからの日本のために財政を考える

はじめに

1. 高齢化の進展により社会保障給付費が年々増加しています。

2. これを背景に、日本の財政は、現在、諸外国と比較して最悪の状況にあります。

3.「社会保障の充実・安定化」と「財政健全化」は同時に達成していく必要があります。

(資料より引用)

ということが書いてあります。

消費税は社会保障に充てられますともありますが。

早速消費税の増税は見送られてしましました。

(ちなみに、平成27年7月の資料です。)

ただ、この資料はとても平易に書かれているので

さーっと読みたい方には非常に良い資料ですね。

OECD諸国における社会保障支出と国民負担率の関係

しかし、日本だけの話になると、何か堂々巡りになってしまいますので。

他の国との比較の関係を。

スクリーンショット 2016-06-26 9.43.01

いつも話に出てくる北欧の国々は高福祉高負担。

中庸の国(?)日本は、中福祉低負担→中福祉中負担。

に変わってきているようです。

人口動態や政策によってできることできないことはあると思いますが、

いろんな国のデータがあることで、どの方法がいいのかなーと

ぼんやり考えることはできます。

2週間後の日曜日に向けて、そういった情報を少し整理しながら、

今後について考えてみることもたまにはいいかもですね。

 

 

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 3Kといわれる介護業界で楽しく働くヒントを発信すべく【介護業界で働く理学療法士のブログ】運営。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 3Kといわれる介護業界で楽しく働くヒントを発信すべく【介護業界で働く理学療法士のブログ】運営。