東京農工大学発ベンチャーが脳梗塞新薬候補「SMTP」を試験!

皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

本日の日経新聞の記事に

「脳梗塞新薬候補:SMTP」が試験されるとのこと。

スクリーンショット 2016-07-18 8.56.38

現在は、「t-PA」が有名な薬剤です。

血栓溶解薬と言われ既にできた血の塊(血栓)を溶かす薬です。

ただし、これは脳梗塞発症後4.5時間以内の投与が

必要なため、年間脳梗塞発症者の方30万人のうちの

5%にしか使用できていません。

今回のこの発表されたSMTPはそれ以上の時間が経過した場合にも

使用できる薬剤だそうです。

リンク:株式会社ティムス

まだ実験段階のようですが、これが実用化されればまたさらに

救われる方が増えるということになりますね。

医学の世界は本当に日進月歩。

自分自身が学生時代に学んだことはどんどん古くなっていきます・・。

新たな治療や技術の情報をインプットしつつ、

いろんな情報提供ができるように精進です。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです