理学療法士 阿部洋輔のブログ

保健医療学修士。介護保険領域のリハビリテーション専門職として役立つ情報を発信するサイトです。

理学療法士のマネジメント⑥〜男性脳と女性脳。男女差をどう捉えるか?〜

   


皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-06-17 23.43.24

久しぶりに本の紹介!?

先日、川田先生のリーダーシップについての

セミナーに参加しました。

その時の記事:理学療法士にもリーダーシップが求められる時代です。

そこで紹介された本がとても良かったわけです。

その本は・・・

 

 

 

キレる女懲りない男―男と女の脳科学 

キレる女懲りない男―男と女の脳科学 (ちくま新書)

この本の内容はマネジメントを必要とする役割の方には必須です。

仕事をする上で(いや、、生きていく上で)

対男性と対女性では対応って変わりますよね??

そして脳の性質も男女のパターンがあるということ。

よくも悪くも・・・・(笑)

職場の〇〇さんがどういう脳みそだ!ということではなく。

男女差は一般的にこんな具合なんだなと捉えるきっかけに。

 

男性脳と女性脳。

これの概要を理解しておくことが、

何かを頼んだり、評価をしたり

チームで物事を進めたり

ということに役立ってきます。

マネジメントにも必須の知識です。

仕事で使えそうな役立ちそうな特徴としては・・・・

vs 女性

・とにかく話を聞く

・女性がキレたらただ真摯に謝る

・結果良かったことについて、過去の失敗を指摘しない

vs 男性

・結論から言う、数字を使う

・秩序を安易にはみださない

・不満があったら率直に言ってみる

 

書き出すとこんな感じですが・・・

こういった性質が全般的にあるのなら

これを知らずにいるというのは勿体無い。

男女の見方が違うのは仕方ないもの。

という認識でいることで、仕事(家庭も?)が

うまくいく可能性が増えるということ。

マネジメントにも必要な男性脳と女性脳の話でした。

興味を持ったら是非本を読んでみてください!

 


 - マネジメント, リーダシップ ,

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です