新語?「テクノ失業」〜生き残る職業・そうでない職業〜

Yahooニュースでもこの話題

Yahooニュースでも、進む「テクノ失業」の恐怖というトピック。

2014年にオックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授の発表から、この手の話がどんどん出るようになりました。

スポンサーリンク


「テクノ失業」って何?

ロボットやAIの台頭で人間の仕事が機械に置き換わることによって、失業すること。

ここ最近のロボットやAIによって社会が変わってきている雰囲気はなんとなく感じています。

今後はこのような出来事がもっともっとドラスティックに進んできます。

では生き残る仕事って?

有名ですが生き残る仕事には、「作業療法士」「ソーシャルワーカー」「看護師」あたりがきっちり入っています。

(アメリカの話なので、日本にそのままぴったり当てはまるとは限りませんが、参考までに。)

理学療法士がないからといって悲観するつもりはありません。

ただ、今後は職業の形も変わっていかざるをえないでしょう。

昔からずーっと同じことをやっていられる職業・仕事の方が少ないです。

江戸時代にあった職業なんてほとんどないなんて話も聞きますし。

テクノロジーの未来

楽観的に考えればもっともっと便利な社会になります。

ロボットが色々とやってくれるのですから。

特に日本は人口減少社会に入っていることから人材不足はどの業界にも当てはまる話。

ロボットへの仕事の切り替えは非常に大切な視点。

関連記事:ロボットの脅威〜理学療法士の仕事は置き換わっていくのか?〜

関連記事:2040年、労働のロボット化の未来。

脅威ととるか、チャンスととるか?

もう避けては通れなそうですよ。

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです