回復期リハビリ病院のアウトカム評価が地域に及ぼす影響。

皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-05-13 6.44.44

2016年度より、回復期リハビリテーション病院でのアウトカム評価が導入されることになりました。

回復期リハビリテーション病院で、1日平均6単位(2時間)以上のリハビリを行っている所が対象になりました。

その流れの中で、リハビリの効果とは・・・

以下の計算式で「27未満」の場合に効果が低いと判断されます。

計算式:

Σ[各患者の退棟時のFIM得点(運動項目)―各患者の入棟時のFIM得点(運動項目)]÷Σ[各患者の入棟から退棟までの在棟日数/各患者の状態ごとの回復期リハビリ病棟入院料の算定上限日数】

リンク:メディウォッチ「回復期リハのアウトカム評価、最初のリハ料算定制限は2017年4月から―2016年度診療報酬改定で厚労省」

Σ(シグマ)なんてあまり見ませんが・・。

これは、回復期リハビリテーション病院だけに関係することではありません・・・。

退院するということは、そこに受け皿があるからです。

ということは受け皿となる地域の施設やデイサービスなども利用者さんの層が変化するということ。

今回のアウトカム評価で、在宅側から見るとすると・・

・さらに退院期間は早く、医療よりの対応も必要になり

・なおかつ、リハの質がキチンとチェックされ(もちろんこれが目的ですが・・)

・全体的に脳血管疾患の方の利用が増える

のでは?という予測の中で、また動き方を再考する必要があります。

どんどん変化です。

関連記事:回復期リハビリテーション病棟におけるアウトカムの評価〜セラピストの働き方にも影響〜

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です