回復期リハビリテーション病棟の効果とは?〜中央社会保険医療協議会資料より〜

皆様こんばんは。

理学療法士の阿部洋輔です。

①巷で話題の中央社会保険医療協議会

個別事項(その5;リハビリテーション)について

96ページの資料ですが、ざっと読んでみると。目次はこんな具合。

1.回復期リハビリテーション病棟における リハビリテーションの質に応じた評価について

2.廃用症候群の特性に応じたリハビリテーションについて

3.維持期リハビリテーションについて

4.施設基準等における人員配置の弾力化について

5.早期からのリハビリテーション実施の促進について

6.その他

 

②回復期リハビリテーション病棟についての評価をメインに

スクリーンショット 2015-12-02 21.49.16

効果効率のことをかなり検証されています。

6単位(120分)リハビリをするときと、9単位(180分)での違いは?などなど。

もはや・・・・

「回復期リハビリテーション病棟において6単位やろうが9単位やろうが成績は変わらない。」

ということ表現するための資料かと思われます。

診療報酬とはいえ、財務面の問題もありますからね。

いかに診療報酬を最適化していくかは国家レベルの課題でもあります。

やはり、回復期の上限単位数が9単位→6単位になることは時間の問題です。

 

 

③効果はあるのかい??

リハビリテーションの世界では、治療20分を1単位で換算し、時間給のような働き方をしていましたから、「効果はあるのか」という一般的には当たり前の話をされるようになってきたと思われます。

「短時間で今以上の効果」

これが今後も求められていくのでしょうね。

 

診療報酬改定はしばらく目が離せません。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 3Kといわれる介護業界で楽しく働くヒントを発信すべく【介護業界で働く理学療法士のブログ】運営。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 3Kといわれる介護業界で楽しく働くヒントを発信すべく【介護業界で働く理学療法士のブログ】運営。