「保険外サービス活用ガイドブック」は保険にどっぷりのセラピストが読むべき!

皆様こんばんは。

理学療法士の阿部洋輔です。

 

先日のこの記事がおかげさまで今年一番読まれているようです。

関連記事:日経新聞一面「過剰なリハビリ削減」報道をうけてセラピストが行う1つのシゴト。

やはりいろんな先生方もおっしゃっていましたが、

これからリハビリテーション職種は競争原理の中で

当たり前に結果を出していかないとなりませんね。

スクリーンショット 2016-04-07 21.07.11

以前こんな記事を書きました。

今後の国の指針!?保険外サービス活用ガイドブックが発表されました。

 

先日発表された「保険外サービス活用ガイドブック」

資料はこちらです。

 

・はじめに

・事例からの示唆

 

ばかりを事例紹介以上に読んでいます。

いかに国が保険外サービスに積極的か。

そして「リハビリテーション」の概念を使える市場がたくさんあること。

特に「市場ニーズ」の話などは、介護保険下でのサービスということから

一歩引いて、そもそも保険内外など関係なく、どんなお困りごとがあるのか

ということを俯瞰して見させてくれます。

 

日々、ちっぽけな視点だなーとか

俯瞰してみていかなきゃなーと思う自分に

とってこの導入はありがたいです。

私自身もそうですが、医療保険・介護保険に

どっぷりだったセラピストが見るのが

いいですね。

それこそ、「業界の常識は、世間の非常識」と

言いますから。

医療介護業界の常識は、

世の中の企業から見れば非常識。

なことがたくさんあるということです。

良い意味で普通の感覚から置いて行かれないように

していきましょう!

 

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです