日経新聞一面「過剰なリハビリ削減」報道をうけてセラピストが行う1つのシゴト。

   


皆様こんばんは。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-04-04 21.14.12

平成28年4月4日の日本経済新聞朝刊一面。

過剰なリハビリ削減 効果見極め診療報酬制限 厚労省、来春から

すでにSNS上でもいろんなセラピストの方々が触れていますから

セラピストの中でも大体の方が知っていることと思います。

本当に、リハビリ業界へのインパクト大な記事。

以前、中医協から発表されている資料の内容が要約されています。

関連記事:回復期リハビリテーション病棟の効果とは?〜中央社会保険医療協議会資料より〜

記事を読んでみると・・・

「2時間までのリハ」と

「2時間以上のリハ」は大して変わりがないということ!?

そう捉えられても仕方ないですね。

これは大きな問題。

そんなことない!と思う前に・・・

全国何万人の規模の回復期病棟のセラピストの皆さんは、

関係者の皆さんに説明ができるようにしておく必要がありますね。

(回復期のセラピストでなくても勿論なのですが、、、。)

全国紙一面のインパクトは、私が思っているより強いと

いうことが経験上わかりました。

そういう情報に疑問を持った利用者さんやご家族に説明が

できるように準備しておくことも、立派なシゴトですね。

例えば3つの視点

①利用者さん視点で

治療時間が長いことでの満足度アップがあるのも事実。

ただ、これからは質の時代に変化していくので、

単なる治療時間でなくリハビリの質や効果に注目してもらうこと。

これを少しでも促していけるといいでしょうか?

リハ時間はなるべく短くて、効果が最大限。

これが一番求められるはずですから。

②国(財源)の視点で

これは、国のお財布の中身が決まっている中で、

効果があるものにはお金を出し、

そうでないものは切るという至極真っ当な話。

効率化はさらに厳しくなっていくでしょう。

③セラピスト視点で

回復期病棟という就職先のイスの数は増えないかもしれません。

単体の病院でみれば減ることも予想されます。

そんななかセラピストとしてどのように動いていくべきか?

考えるいいきっかけにもなります。

国家資格なのですから、国のここ10年ぐらいの流れを踏まえつつ動くのも一つ。

結局は、国の方針を意識しておかないと成り立たないのが事実。

ということで

いろんな視点を整理して、いろんな角度から見て

いろんな関係者の方々に説明できるようにしていきましょう!!

関連記事:今後のリハビリテーション専門職としての働き方の注意点

 


 - 介護ニュース, 働き方, 新聞 ,