今後の国の指針!?保険外サービス活用ガイドブックが発表されました。

保険外サービス活用ガイドブックが発表されました

皆様おはようございます。理学療法士の阿部洋輔です。

保険外サービス活用ガイドブックが発表されました。

スポンサーリンク


地域包括ケアシステム構築に向けて

自助・互助・共助・公助のうちの自助・互助を成長させていかなきゃいけないという流れ。

地域包括ケアシステム構築に向けた公的介護保険外サービスの参考事例集が(保険外サービス活用ガイドブック)がついに発表されました。

リンクはこちら

SNS上でも知り合いの方が参加してらっしゃって、早く情報を知りたいと思っていました。

関連記事:これから介護事業者が考えること。

関連記事:介護保険の行方〜保険外サービス〜

資料にはこのようにも書かれています。

こうした地域包括ケアシステムを補完・充実していくためには、介護保険等の社会保険制度や公的サービスに加え、ボランティアや住民主体の活動等である「互助」、市場サービス購入等である「自助」を充実していく必要がある。

特に「自助」においては、高齢者や家族のニーズを踏まえて、自費で購入する保険外サービスがより拡充され、高齢者やその家族からみて豊富なサービスの選択肢が提供されることへの期待は大きい。

また、サービスを受容する市場の観点では、従来の世代に比べて消費文化を謳歌した団塊世代が今後高齢化することにより、自分のニーズに合致した付加価値の高いサービスに対価を払う消費者が、今後増えていくと予想される。

さらに、産業振興の側面から考えると、世界に先駆けて高齢化が進む日本において、健康寿命の延伸に寄与するヘルスケアビジネスの一つとして、高齢者の生活の質を高める保険外サービスを発展させていくことの意義は大きいといえる。 

(資料より引用)

ということで、、、、

まずは100ページ以上ある資料ですから、目を通すことから始めましょう。

ほぼ事例集ですからサーっと読めると思います。

これが新たに始まる国の指針ですので、先行事例を学んでいきましょう。

事例紹介

理学療法士の働き方から発展させていくとして、運動が絡んでいるのは・・・

P62〜:株式会社コナミスポーツクラブ

P64〜:アグリマス株式会社

P66〜:元気が出る学校・大学

あたりを参考にされると良いかと。

配食や旅行などいろんなサービス例があります。

まとめ(追記:2017年6月22日)

私自身理学療法士ですから、こういった事例集をみると運動の関係する面を中心に見てしまいます。

でもそれでは視野が狭いなーと痛感。

リハビリテーションの定義は「全人間的復権」です。

「リハビリテーション」ということを突き詰めていくと、良くも悪くもどんな分野とのコラボすることが出来ます。

いろんな事例を参考にしていきましょう。

★2017年5月時点では、介護保険が適用されるサービスと保険外サービスを組み合わせる「混合介護」の拡大は先送りされる方向で進んでいますが、近い将来必ずスタートすると予測されます。

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです