保育・介護の一体化〜時代は明らかに効率化〜

平成28年3月19日の日本経済新聞一面。

「保育・介護一体」普及促す  施設や人材共有、受け皿不足の解消めざす 厚労省指針

と言う記事がありました。

現状でも、待機児童が2万3千人に、待機老人52万人。

という数の「待機リスト」があるわけです。

一方介護を担う人材の方に目を向けると、2025年までに、介護職員が38万人分足りない。

とされていますから・・・・。

スポンサーリンク


既存の施設や現在のスタッフをいかに効率的に配置できるか。

これが今回の話の肝なのかと思います。

スーパージェネラリストの創出というよりは、いかに要件を緩和してマンパワーを確保するか。

理想と現実。ホンネと建前。

いろんな視点があるということに変わりありません。

保育介護に関しては現実路線でどんどん進めないと立ち行かないという判断でしょう。

以前というかちょうど1年前に、こんな記事を書いておりました。

関連記事:◆医療介護における効率化とは?〜回復期リハ期限短縮や職種の統合問題〜

1年での社会の変化

1年でなんとなく「現実路線」に世論が変わってきたんだなと。

「保育園落ちた日本〇ね」というビッグウェーブを起こしたブログもありました。

待機リストは増加して、職員不足で争奪戦の様相。「効率化」の流れは加速しますね。

関連記事:理学療法士の効率的配置とは?

スポンサーリンク


 

 

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです