理学療法士のマネジメント〜①コンフリクトマネジメントについて〜

   


皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

かれこれデイサービスの管理者を務めるようになり、早4年。

まだまだ修行の身であることには変わりません。

知行合一できるようにマネジメントについてまとめていきます。

・モチベーション

・マネジメントコントロール

・コンフリクトマネジメント

まずはこのあたりを。

スクリーンショット 2016-03-13 8.19.54

 

コンフリクトマネジメント

コンフリクトとは、競合、衝突、対立、葛藤、緊張などの意味。

簡単に言うと、コンフリクトマネジメントとは、組織での対立関係をどうしていくかということ。

組織である以上、コンフリクトが生じるのは不可避とされます。

勿論、組織あれば対立ありというのはうなづける話。 

コンフリクトの種類

タスクコンフリト:タスクに対して異なる視点から生じる理性的な対立。「良い対立」

リレーションコンフリクト:人間関係の好き嫌いや立場の違いから起こる感情的な対立。「悪い対立」

(引用:異質な力を引き出す対立のススメ)

 意見自体の良し悪しを議論していたはずが、相手が人格否定のように捉える。ということはよくある話。

タスクコンフリストだったはずが、リレーションコンフリクトに問題がすり替わってしまう。

これはまさにコンフリクトマネジメントあるある。

男性と女性でもこの確率は変化する印象があります。

コンフリクトの解消法(?)として

・コミュニケーションの機会を大きくする

・仲介者を設ける

・互いのことがよく理解できるよう人事交流を図る

 ということが挙げられるようですが、お互いが理解をしたからといってコンフリクトがなくなるわけではありません。(辛い話)

何が問題となっているかを常に考えておかないといけません。

そして、良い対立なのか、悪い対立なのかを判断する必要があります。

良い対立なら、うまく利用してプラスに活かす。

悪い対立なら、早めに見つけて解決する方向へ。

コンフリクト処理モデル

自分と相手の利害関係によってどう対立を処理するか。

コンフリクト処理モデル(シュミット)があります。

スクリーンショット 2016-03-13 7.58.36

競争:自分の利益にこだわり、相手を打ち負かす戦略

和解:自分の利益は捨てて、相手に譲る戦略

回避:そもそも対立がないように振る舞う戦略

妥協:自分も相手も譲り合い、「ないよりはマシ」という戦略

協力:自分の利益も相手の利益も最大化するように働きかける戦略

 

この表で表したならば、「協力」でいくのが一番スムーズなようですが

自分と相手の関係性がどうなっているかによって戦略が変わるということでしょう。

理論だけでは問題解決はできませんが、理論を知ることで現場を少しづつ変えていくことができる。

という思考で精進です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 - マネジメント, 理学療法士