2040年、労働のロボット化の未来。

皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-03-09 6.49.44

こんな記事がありました。

リンク:2040年の労働力不足 救世主はロボット

移民よりロボットで人材不足を解消しようとした時の未来。

2040年の世の中。

私はなんとか高齢者直前。

もはやその頃に「定年」という概念はないでしょう。

自分の子供たちが働き盛りの頃かもしれません。

 

24年後の話です。

人口減少社会なのは、変わらないでしょう。

ですから、ここから同じように労働人口を計算したら

どう考えても不足するのは当たり前ですよね。

とはいえ、人材が不足するのが当たり前の社会。

卸売や小売業に関しても、99万人の人材が不足するとのこと。

医療介護業界にいると、その業界だけの人材不足に

目が行きがちですが、これだけ大々的に試算されると

全産業的に人材が不足していることをまざまざと見せつけられます。

・1次産業:生産

・2次産業:加工

・3次産業:サービス業

産業ごとにロボットの活用の仕方は変わってくるでしょう。

我々3次産業で働く人材のロボット化はどのように進むでしょうか?

関連記事:

運転手はロボット(AI)〜Googleスゴイ!〜

介護業界のロボット話〜Pepper・パルロ・HALなどなど〜

 

 

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです