理学療法士 阿部洋輔のブログ

保健医療学修士。介護保険領域のリハビリテーション専門職として役立つ情報を発信するサイトです。

平成30年度介護報酬改定に向けて準備しておく3つのこと

   


皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-02-20 5.02.14

介護報酬改定の未来予測できたらよくないですか?

でも少しは読めるかも・・・・しれません。

1)大きな流れを理解する

第55回社会保障審議会介護保険部会資料で

今後の介護保険制度のバッチリ方向性が掲げられました。

(1)地域包括ケアシステムの推進

(2)介護保険制度の持続可能性の確保

ずっと言われていることなのですが

再度言われて、覚悟する。

そんな感じです。

厚労省:第55回社会保障審議会介護保険部会資料へのリンク

今後の介護保険の方向性〜第55回社会保障審議会介護保険部会資料より〜

2)診療報酬改定との兼ね合いを見ておく

6年毎の大改定ですから、

医療介護連携でぐいっと踏み込んだ改定になるだろうと

予測されています。(多分その通り)

介護分野にいる方も医療分野の動向を

医療分野にいる方も介護分野の動向を

抑えていきましょう。

結局はマクロで引いてみていかないと。

自分のいる立場が分かるように、

外から自分の立場を見てみましょう。

中医協発表の個別改定項目へのリンク

紹介状なしで大病院受診すると5000円かかります〜特定機能病院・500床以上の病院が対象!〜

3)厚労省のホームページはお気に入りに

基本的には全てのデータを厚労省のホームページに

発表してくれます。

世の中のインテリジェンスはほぼ公開情報でことは足りるそうでう。

まっとうな介護事情の話なら、国の出すデータをしっかり見ればいいはず。

リンク:厚労省

いろんな方がいろんなことを言いますが、

結局はこの情報が一次データ。

一次データにすぐ触れられる環境ですから

どんどん覗いていきましょう!

そんな情報収集のお話。


 - 介護報酬, 診療報酬

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です