僕は理学療法士だ。どこにいても・・何をしていても・・。〜ブラックジャックによろしくに影響されて〜

   


皆様こんばんは。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-02-19 20.41.00

新ブラックジャックによろしくを読みまして

なんかまとめ買いセールの時に

1冊10円くらいのありえない価格で売っていたので

まとめ買いしました。

100円以下也。

佐藤先生ありがとうございます。

私、医者じゃないんですけど。

なんのために理学療法士やってるかって絶対考えさせます。

自己啓発本ももちろん好きなんですけど

たまに漫画を読むとなんかいいですね。

理学療法士を目指す君へ〜医療介護職こそビジョンや想いを〜

主人公の斎藤先生

「僕は医者だ。どこにいても・・・何をしていても・・・」

何てフレーズがあったのですが・・・。

これってアイデンティティ。

「僕は理学療法士だ。どこにいても・・・何をしていても・・・・。」

なんて言えたらカッコよすぎる!!

良くも悪くも、理学療法士をドロップアウトした人が

普通の会社で働いたり、社会にいることが

リハビリテーション専門職の効率的配置なんじゃないか

ということを感じています。

理学療法士の効率的配置とは?〜NHKスペシャル介護危機を見て〜

だからリハビリテーションを学んだものとして

自分が今何をしていてもリハビリテーションの血が流れてますという

考え方がいいのかと思っています。

リハビリテーション魂といいますか、そんなものがあっても良いですね。

 

 

 

 


 - 介護, 書籍, 理学療法士