今後のリハビリテーション専門職としての働き方の注意点

皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

最近あんまり病院に勤めているセラピストとの関わりが薄いのですが、

こんな情報を発信しているので、回復期病院にいらっしゃる方などに

興味を持っていただけているようです。ありがとうございます。

今回、自戒も込めて。

スクリーンショット 2016-02-14 10.01.54

 

リハビリテーションの概念は非常に重要であるが、リハビリ専門職の存在自体が非常に重要である(報酬単価優遇)わけではない。

ですので、働き方を変える必要があるんですね。

パラレルキャリアの必要性を説く先生方もいらっしゃいますし

起業したり、治療院を開設したりという先生方もいらっしゃいます。

どれが答えというわけではないです。

ただ、世の中の流れや、診療報酬、介護報酬、健康産業のことを

いろいろと抑えていかないと未来永劫安泰な職などないということ。

だからこそ、「介護保険を卒業させるという概念」 も必要です。

やっぱりリハビリテーション専門職のやることがない社会を作るのが

リハビリテーション専門職の役割かと思っています・・。

共助である「介護保険制度」が現状の水準で今後持続するということは難しいです。

結局は国の財政のバランスのもとに成り立つものです。

自助・互助・共助・公助のうちの自助・互助を推進しているのもその流れ。

これは絶対読みましょう

リンク:高齢者の地域における 新たなリハビリテーションの在り方検討会 報告書

完全に自戒を込めた記事。

日々精進していきます!

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです