理学療法士を目指す君へ〜医療介護職こそビジョンや想いを〜

理学療法士の阿部洋輔です。

①2015年8月の日本テレビの24時間テレビにて

今年の日本テレビの24時間テレビに登場したもうネットなどでは有名すぎる13才の山田倫太郎君。

自身が心臓病を患っておりその彼を見て、4才の弟が医者になりたいと。

そんな弟に送った「医者をめざす君へ」という本がスゴいんです。

医療介護職の私達こそ読むべきです。

 

②医者をめざす君へ

第1条「医者というのは、患者さんの病気だけを見ていれば良いと言うものではない」(本文引用)

医者というところはそれぞれの職業に置き換えるとして誰しもがこの職業を志したときにもっているはずの気持ち。

なんだか年が経つにつれて薄れてしまっておいる心にグサグサ刺さります。

これを読むと、自分が理学療法士を志した理由が何だったかを思い出します。

 

③医療介護職こそビジョンや想いを大切に

もっともっと誠実に真摯に向き合っていかないといけないと感じます。

私自身、脳性麻痺の弟がいます。

まさにこれが私が理学療法士を目指したきっかけです。

文章自体はとても短いです。

是非ご一読下さい!!

そしてビジョンや想いを再確認してみてはいかがでしょうか。

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです