やっぱりショッピングモールは良いですねー〜時代は「ショッピングモーライゼーション」〜

   


皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-02-03 6.58.16

イオンの報道があった時からショッピングモールの凄さには感嘆するばかりです。

以前こんな記事を書きました。

関連記事:イオンを歩いてポイントゲット〜散歩のための散歩からの卒業〜

関連記事:やっぱりショッピングモールはリハビリテーションだという話

その流れで何か「ショッピングモール」というキーワードが頭から離れず(笑)

セレンディピティ的にこんな本を見つけました。

 

ショッピングモールから考える

ショッピングモールと百貨店の違いやディズニーワールドがいかにテーマパークとして完璧かなど、もうただショッピンモールから考えるです。

百貨店はエレベーターでショッピングモールはエスカレーター。

言われてみれば・・・。

百貨店をイメージするときは外装を意識するが、ショッピングモールだと大概どこかにある吹き抜けをイメージする。

確かに。

意外とショッピングモール好きです

クイーンズスクウェアは古くて・・・

マークイズは何となく微妙で

レイクタウンは外観に気を使っていないけど、中は良い

ラゾーナは外のスペーズが吹き抜け的要素だ・・

なんて話題が好きな方は是非。

 

時代はショッピングモーライゼーション

ショッピングモーライゼーションとは、都市全体が収益性の高いショッピングモールのように変化していくこと。

昔の商店街が良くて、大手のショッピングセンターは悪いというわけではなくて、ここでも明らかに時代は変化していると感じさせてくれます。

やっぱりショッピングセンターのエンターテメント性や機能って素晴らしい。

ショッピングセンター好きの方は是非ご一読を(笑)

 

 


 - 書籍 ,