イオンを歩いてポイントゲット!〜散歩のための散歩からの卒業!?〜

皆様こんばんは。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-01-20 20.33.03

イオンで歩くとポイントがつくこんなサービス。

リンク:イオン、SC歩けばポイント 16年度に10カ所以上で

もはやなんでもデータでポイント化。

理学療法士だとしたら、そういった活動量の評価や、生活スタイルのEBM を知らないとなりませんねー。

世の中変化の時代。

ただ近所を目的もなく散歩できないですよね・・。

ショッピングセンターであれば、いろんな刺激や興味を持ちながら歩ける。

まさに、リハビリテーション。

散歩のための散歩は卒業したい、してもらいたいものです。

*イオンのデイサービスはきっとこのポイントと連動させてくると思います。だってまさにリハビリテーションですから。

データ!データ!のこの時代

生命保険の世界では、どういう生活習慣がある人が短命だ、長生きだ、何て言うデータはたくさんあるでしょう。

まさに生きたビッグデータ。

そして、すべてがポイント化されていくと、、、。

恐ろしい話ですが、車にETC がついて一台一台の出発地点や目的地点がわかるよう(筒抜け)になったわけですが。

それが一人一人の人間の行動レベルまでおちてきたという話。

お金というかポイントと引き換えに自分の行動習慣データを渡してるともいえます。

そこを気持ち悪がるか、何も感じないかはその方次第。

私は案外そのレベルであれば許容してしまいます。

意外とそういう問題は問題意識が薄れやすいですね。

ということで、、

K(健康) ポイント

なんて命名して広めていけば色んなことが派生して始まってきますね。

・タバコを買わないとポイント

・よく歩くとポイント

・睡眠時間がしっかりとれるとポイント

・塩分控えめでポイント

などなどいくらでもありますね。

便利なんだか恐ろしいのか。

 

私自身も自分の管理のためにスマートウォッチでも買おうかななんて。(いまはまだチープCASIO)

 

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです