理学療法士 阿部洋輔のブログ

保健医療学修士。介護保険領域のリハビリテーション専門職として役立つ情報を発信するサイトです。

高齢者をゼロにする方法

   


2017年1月に話題になった一つの提言

日本老年学会と日本老年医学会が発表した高齢者の定義の変更について。

関連記事:高齢者の新分類〜准高齢者・高齢者・超高齢者〜

高齢者の定義変更については、現在の65才以上の世代の若返りが顕著であるから、

(そもそも平均寿命の延びが大きい)論争が巻き起こるのは構わないと思います。

リンク:「高齢者に関する定義検討ワーキンググループ 報告書」日本老年医学会

高齢者の新たな定義は

65~74歳:准高齢者

75歳~:高齢者

90歳~:超高齢者

とするもの。

このようなことになると・・・・

この問題が社会保障や年金の問題と確実にリンクしてくるので、

年金受給時期が75歳以上となったり、介護保険が利用できるもの75歳以上

となる可能性もあります。

となると、ただそうですねと納得してしまうのも問題。

マクロ的に考えれば、1億総活躍時代を推進する一つの策でもあるし

少子高齢化社会への課題を一気に解決してくれそうな策であることは事実。

賛成するにせよ、反対するにせよ、バランス感覚はいつでも必要です。

20××年(フィクション)。

○○国は今まで高齢者と定義されていた層の国民の若返りが顕著なため、

「高齢者」という言葉が必要ないと判断しました。

ただのフィクションですが、言葉の定義を操作することで、

理論上は高齢者をゼロにすることも可能です。

蛇足ですが、このような言葉の定義や定義を変更することの

怖さはこちらの小説で学びましょう。

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

 

 

 

 

 


 - 介護ニュース, 書籍

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です