理学療法士 阿部洋輔のブログ

保健医療学修士。介護保険領域のリハビリテーション専門職として役立つ情報を発信するサイトです。

デイサービスで自立支援介護を実践するなら

   


ということで自立支援介護

基本ケアの目安

水分:1日1500ml

栄養:1日1500kcal

運動:1日2キロ

排泄:3日以内の自然排便

竹内式介護の要点

・歩行(パワーリハビリテーション)

・水分ケア

・おむつはずし

このあたりが特養などで行われる竹内式介護と呼ばれる要点。

特に歩行は全てのADLには歩行が関わっているのだから、どんどん練習していく必要があるという。

まさに自立支援の鍵。

新版 介護基礎学 高齢者自立支援の理論と実践

じゃあデイサービスで活かすとしたら?

特養などの入所施設では衣食住のトータルアプローチが可能かと思われるが、

通所施設(デイサービス)ではどのように活かすべきか・・。

加えて、要介護1・2の方々がデイサービスを使えない時代がくると言われる中で行えること。

車椅子で過ごすことを減らして、いかに歩く機会を確保することが出来るか。

この辺がリハビリテーション専門職の腕の発揮どころではないでしょうか。

勿論、介護施設では一般的にリハビリテーション専門職の配置は少ないですから

マネジメントや教育という観点から色んな職員を巻き込んでいくことは必須です。

「自立支援介護」には賛否両論あるのが現状。

ただ、盲目的に良い良いと進められる方法もどうかと思うので、

色んな点がブラッシュアップされてくることが望ましいですね。

介護業界においても、もっともっとリハビリテーションの考え方や

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士というリハ職が存在するんだということが

認知されていくきっかけになればと思います。

関連記事:自立支援介護の誕生!?

 


 - デイサービス, 介護保険

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です