理学療法士 阿部洋輔のブログ

保健医療学修士。介護保険領域のリハビリテーション専門職として役立つ情報を発信するサイトです。

育児は仕事の役に立つ

   


「育児は仕事の役に立つ」

育児は仕事の役に立つ 「ワンオペ育児」から「チーム育児」へ (光文社新書)

内容はタイトル通り「育児は仕事の役に立つ」のです。

男性の皆様、育児してますか?

私はあまり参加できていない・・・。

洗濯物と長女と寝ることくらい。

我々、理学療法士の平均年齢は32才。

男女比は6:4くらい。

ということを考えますと、子育てまっしぐら世代が

非常に多いものと思われます。

仕事を取るか家庭を取るかなんて話もありますが、

今は共働き世代がマジョリティー。

「俺(夫)が稼いでるから、奥さんは家の中の仕事やってなさい」的な時代は終了しました。

どのくらい奥さんが働いているか

子供を持つ共働き夫婦の時間配分(本文をもとに作成)

 
仕 事 456分 245分
家 事 12分 207分
育 児 12分 45分
合 計 480分 497分

無報酬労働にこれだけの差がある状態のこのデータを見せられて、

堂々とできる男性の方がどのくらいいるでしょうか・・・。

こんな時代ですので、育児と仕事の両立に悩まれる方が増えています。

子供を持つ男性がこの本を生かすには

①長時間労働をやめる

②まず奥さんと家事・育児の無報酬労働の時間をチェックする

ということが非常に重要。

育休中の人と管理職の人の仕事の類似性として、

・次に何が起こるか予測しにくい

・仕事の重なり度が激しい

ということで、育児の経験から、仕事のマネジメント能力が成長することもあると。

管理職やっている男性陣なら、きっとそれは育児にも役立つということもいえるでしょう(希望的観測・・・)

仕事もサクッと、家事もサクッとやれるママさんはきっと優秀なビジネスパーソン。

仕事だけしてるパパさんは・・・・・。

と言われないように、仕事・家庭、両立できるマネジメントも大切です。

 


 - 働き方, 理学療法士 ,

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です