理学療法士 阿部洋輔のブログ

保健医療学修士。介護保険領域のリハビリテーション専門職として役立つ情報を発信するサイトです。

高齢者の新分類〜准高齢者・高齢者・超高齢者〜

   


高齢者の新分類

65才〜74才 准高齢者(pre-old)
75才〜89才 高齢者(old)
90才以上 超高齢者(oldest-old)

新しい分類はこのように提言されています。

リンク:高齢者の定義と区分に関する、日本老年学会・日本老年医学会 高齢者に関する定義検討ワーキンググループからの提言(概要)

准高齢者、高齢者、超高齢者

なかなかチャレンジングな話ですね。

平均寿命がどんどん伸びていく中、

呼び名として今現在の65才の方々を

高齢者と呼ぶのは確かにあっていません。

新分類の意義

この提言では、高齢者の定義と区分を再検討することの意義として

(1) 従来の定義による高齢者を、社会の支え手でありモチベーションを持った存在と捉えなおすこと

(2) 迫りつつある超高齢社会を明るく活力あるものにすること

高齢者の定義と区分に関する、日本老年学会・日本老年医学会 高齢者に関する定義検討ワーキンググループからの提言(概要)より引用)

が挙げられています。

日本の人口推計(2016年12月時点)

新分類になり、何が変わるかと推測すると。

27%から13%。

一気に名目上の高齢化率が半減します。

日本の総人口 1億2692万人
65才以上人口 3443万人(総人口の27%)
75才以上人口 1702万人(総人口の13%)

リンク:人口推計-平成28年12月報-

日本における高齢社会問題を10年間先延ばしする方法にも

見えますが、どのように話が進んでいくのか要チェックですね。

 

 


 - 介護ニュース, 新聞

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です